総量規制って知ってる?消費者金融でお金を借りることに大きな関係がある

総量規制って聞いたことありますか?
これからお金を借りる機会がある人は、必ず知っておかなければいけないルールです。
総量規制は2010年6月に変更された時に導入された法律です。
貸金業者から現金を借りる場合、年収の1/3までしか借りることができないというものです。
貸金業者とはいわゆる消費者金融やクレジット会社、信販会社のことで、銀行などの金融機関は総量規制に含まれず、総量規制対象外の金融機関として紹介されることが多いですね。
ちなみにクレジット会社はクレジットカードのキャッシング枠を利用した時のみ対象であり、ショッピングで年収の1/3以上の買い物をしても総量規制は関係ありません。
総量規制導入によって無理な借り入れができなくなり、また消費者金融に蔓延していたグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利が廃止されるというメリットを生み出しました。
また、これまでは加盟義務がなかった信用情報機関への加盟が義務付けられたことによって、不当な金利設定や催促などを国が監視することができるようになり、消費者金融も非常にクリーンな金融機関に生まれ変わることになりました。
しかし、年収によって借りることができる金額に制限ができたことで、いざ今すぐお金を借りるという時に、年収の縛りを受けてお金を借りることができないという人も生み出してしまいました。
ただ、総量規制が除外されるローンがあります。
それは住宅ローンや自動車ローン、高額な医療費のための貸付などです。
もちろん総量規制が除外になるためにはそれなりの証明書を用意しなければいけませんが、きちんと証明をすれば消費者金融でも総量規制に関係ない融資を受けることが可能です。
さらに、総量規制が例外的に解除されるパターンもあります。
除外されるローンと違い、こちらは総量規制対象の融資ですが、返済能力があると判断されれば借りることが可能な、例外的な位置にあるローンです。
これには、おまとめローンや緊急な医療費が該当します。
おまとめローンは多重債務者が借金を一本化するために利用するもので、貸金業者ではなく利用者にメリットがあるローンのため例外的に総量規制が解除されます。
そして、緊急の医療費は高額な医療費と違い、緊急的に医療費を支払わなくてはいけない事態になった場合などに利用可能です。
医療費に関する細かい違いは各消費者金融に問い合わせる必要はありますが、このように除外や例外があることを知っておくといいですね。